FC2ブログ
 
 

~菊間に綺麗な花がある場所~

 愛媛県菊間町でトルコギキョウをメインで日本一の花生産者を 目指している奮闘ブログです。
2019/03«2019/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/05
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
れんげ草(蓮華草 別名「紫雲英(げんげ)」)は、水田裏作縁肥作物として栽培され、その歴史は古く日本の近代稲作農業の発展に大きく寄与してきました。
しかし戦後、化学肥料の発展普及・農業の機械化・田植えの早期化等によって急速に減退し、化学肥料を多く用いるようになった結果、地力の低下・土壌の酸性化・用土構造等の悪化が進みました。
蓮華草の成分はアミノ酸のアルギニンのほか、縁肥として窒素、リン酸。カリ、石灰などがバランス良く含まれています。田圃の栄養素だけでなく、蓮華草の花は重要な蜜源植物です。だが、レンゲソウが少なくなり、養蜂家は困っています。
現在、飼料作物・養蜂蜜源として、地域環境美化等に広く活用され栽培管理も平易なことを考える時、れんげ草を取り入れた水田裏作の復活により、地力の増進が極めて大切だと思われます。
田植えが近づいた田んぼには、ピンク色に咲き乱れたれんげ畑が広がり、子供たちの格好の遊び場であり年寄りの憩いの場てもありました。
今では、それもほとんど見かけなくなりました。れんげの花を懐かしいと思う人や初めて見る人、そして、大人も子どもも安らぎと憩いの一時を感じてほしいと願います。
画像 013

父親が、いい米作りに、こだわり環境保護の為で、昔ながらの農法を受け継ぎたいと思います。
350坪のハウスを新しく建て替える予定で、その圃場を土作りの為に蓮華草を縁肥として利用してみたいと思います。
ハウスの端では、純白の桃の花が春の日差をいっぱいに受けて淡い香りを漂わせていましたが、田植え前に控え、惜しくも鋤き込んでしまいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kikuma87.blog39.fc2.com/tb.php/14-74856bd2

プロフィール

としくん☆.+

Author:としくん☆.+
頑固花職人の、ブログへようこそ♪
花生産者生活は、毎日が、きれい!ステキ!でいっぱいです。
その時、これは!と思ったお花や、僕が作った花の紹介、花の栽培に出来事あれこれ、花以外のことでも 美しい!と感じた事も含めて 書き綴っていきたいです。

花達を、一本一本愛情を込めて咲かせます。皆さんの心に残る花を届けることが出来れば幸せです。
ここでは、当農場にて栽培されている花を中心に紹介していきますので、よかったら覗いていってください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。