FC2ブログ
 
 

~菊間に綺麗な花がある場所~

 愛媛県菊間町でトルコギキョウをメインで日本一の花生産者を 目指している奮闘ブログです。
2018/12«2019/01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/02
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

2008年5月11日の「母の日」を前に、カーネーションの出荷がピークを迎えている。今年は定番の赤のほかに、ピンクやオレンジ、グリーンと豊富な色が花屋に並ぶ。しかし出荷する農家は原油の値上がりに「とてもコストをカバーできない」と悲鳴を上げている。さらに安い輸入品にも押され、廃業する生産者が後を絶たない。

■4カ月間で、400万円の暖房費がかかる

 愛知県一色町は、年間約1800万本のカーネーションを生産している。出荷量は全国で1、2位を争う。

  「原油高の影響で温室の暖房費が約2割上がった。とてもカバーしきれない」

 生産者からこんな悲鳴があがっている。ある農家では、07年12月から08年3月までの4カ月間で、400万円の暖房費がかかった。「一時的ではなく、今後も原油高が続くことを考えると、もうどうしようもない」と途方にくれている。

 近年の温暖化も悩みだ。カーネーションの苗は6月に植えつけ、夏場は根がはるための重要な時期だ。07年は猛暑で温室に遮光用の幕を張った。08年も猛暑となれば、さらなる対策で費用がかさむ。

 相次ぐ出費に、生産者が所属する「一色町花卉温室園芸組合」副組合長の鈴木勇さんは、「消費者のニーズが高い色は単価が高くなる。市場と相談して見極めていきたい」と話す。ただ、カーネーションには200種以上の品種があり、ニーズを見極めるのは結構難しい。

 町の花屋では、母の日を前に定番の赤いカーネーションを多く揃えている。その多くは外国産のカーネーションだ。「フラワーショップ夢や」(東京都大田区)では、外国産を100円から販売している。

■「品質がよくなり、国産との差が縮まっている」

 産地は主に、中国、コロンビア、トルコだ。店長は、「品質がよくなり、国産との差が縮まっている。素人には、違いがわからない」と話す。

 また、保存方法が進化したことも、外国産の増加に拍車をかけた。10日から2週間くらいは保存ができ、空輸によるダメージはほとんどないようだ。

 同店では、国産カーネーションも販売している。平均200~250円、特殊な品種は350円と外国産の2倍以上だ。国内に流通している国産の割合は約6割だ。後継者不足や相次ぐコスト増から、廃業する生産者が後を絶たない。国産カーネーションはもうだめなのか。

 カーネーションを専門とした種苗会社、フジ・プランツ(愛知県一色町)の鈴木善和社長は、「外国産では作られていない希少な品種を育て、オリジナル色を出していくしかない」と話す。最近では、ベージュ、グリーン、アプリコットの色が市場では人気で、高価格で取引されている。赤や白の定番タイプに比べて量は限られるが、隙間を狙って生き残るしかないようだ。

 J-CASTニュースからコピペ

 カーネーションや花だけじゃなくて、自給自足率が乏しい国内産の食料品が生産量低下し、海外から輸入ストップすれば、間違いなく日本は、食糧困難の時代がきます。
 政府達が危機感を認知して欲しいと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

としくん☆.+

Author:としくん☆.+
頑固花職人の、ブログへようこそ♪
花生産者生活は、毎日が、きれい!ステキ!でいっぱいです。
その時、これは!と思ったお花や、僕が作った花の紹介、花の栽培に出来事あれこれ、花以外のことでも 美しい!と感じた事も含めて 書き綴っていきたいです。

花達を、一本一本愛情を込めて咲かせます。皆さんの心に残る花を届けることが出来れば幸せです。
ここでは、当農場にて栽培されている花を中心に紹介していきますので、よかったら覗いていってください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。